会社概要

屋 号 マッハ機器株式会社
所在地 [本  社] 東京都江東区木場2-7-15 第一びる別館南棟6F Tel. 03-5809-9031(代)/Fax. 03-5621-4441
[大阪支店] 大阪府柏原市田辺1-3-16 Tel. 072-977-5492(代)/Fax. 072-977-5494
[物流センター] 埼玉県本庄市児玉町高関144-1
設 立 平成27年8月10日
代表取締役 望月 圭一郎
資本金 100,000,000円
従業員数 22名(平成27年10月1日現在)
決算期 12月31日
事業内容 フライヤーを主とする厨房機器の設計、開発、製造、 販売及び保守サービス
取引銀行 三菱東京UFJ銀行新宿支店
株主株式会社ラックランド (東京証券取引所市場第一部上場)100%出資
logo_luckland

沿革

平成27年8月 株式会社ラックランド子会社として設立
平成27年10月 旧マッハ機器株式会社より事業譲渡

沿革(旧マッハ機器株式会社)

昭和56年12月 埼玉県蕨市中央1-3-12において営業開始
昭和56年12月 マッハフライヤーFシリーズ15機種を開発、 発売開始
昭和59年9月 クッキングタイマー発売開始
昭和60年9月 フィルターMFシリーズを開発、発売開始
平成2年4月 フライヤーFAシリーズ4機種を開発、営業開始
平成3年5月 オートマチックフライヤーHUを開発、発売開始
平成10年9月 東京都江東区塩浜2-16-9に移転
平成10年10月 マイコンフライヤーFXシリーズを開発、発売開始
平成12年9月 餃子焼器MSGシリーズを開発、発売開始
平成16年3月 大阪府柏原市田辺1-3-16に大阪支店移転
平成16年7月 高機能フライヤーFXMシリーズを開発、発売開始
平成21年3月 高機能フライヤーFXPシリーズを開発、発売開始
平成23年11月 東京都江東区木場2-7-15に本社事務所を開設
平成26年4月 福岡県福岡市博多区博多駅東1-16-7に 福岡営業所開設

主な納入実積

イオングループ/イズミヤ/遠鉄ストア/AJSグループ(サミットストア.とりせん.マツヤ)/小田急OX/オリンピック/カネ美食品/カノー/かね貞/関西スーパー/クィーンズ伊勢丹/グルメ杵屋・丼丼亭/光洋/コモディイイダ/サッポロライオン/CGCグループ(原信.フレッセイ.マルト.ラルズ)/J-オイルミルズ/敷島製パン/昭和産業/スーパーサンシ/セブンスター/セブン&アイホールディングス/つな八/東急ストア/東武ストア/とんかつ和幸/日清オイリオ/日清フーズ/日本ハム/日本製粉/ニュートーキョー/ファミリーマート/プリマハム/ベイシア/ホテルエドモンド/本家かまどや/松源/丸合/丸久/マルエツ/マルヨシセンター/万代/山崎製パン/ユニー/ライフコーポレーション/マークスグループ(マエダ、おーばん、キクチ、マイヤ)/オーケー/ベルク/その他

マッハの「新厨房」宣言

生産性の向上と経営の効率化… そのキーワードは「厨房の電化」にあります。 T.T管理による安定した調理は、ランニングコストの削減をはかり、 また、燃焼のない電化厨房は、安全で快適な 作業環境を確保しHACCPの対応でも効果的です。 品質・信頼・実績のマッハが、全力でお客様の 「厨房の電化」をサポートいたします。

マッハは安心の体制で品質管理の徹底に努めています

品質

お客様の厨房環境の快適さを守り、より良い使い心地を維持していくためのメンテナンスや、 お客様のご要望にもスピードを持ってお応えいたします。

1年保証

お買い上げいただいた商品は、お買い上げ日から1年間、無償で修理いたします。

FXPシリーズは3年保障

お買い上げいただいた商品は、お買い上げ日から3年間、無償で修理いたします。

サポート体制

出張修理、オーバーホール、新品への入替などを365日間、全国ネットでサポートします。

マッハはHACCPに対応するために電化厨房を推進しています

信頼

HACCPは、NASAが安全な宇宙食開発のために考案した製造および品質に関する科学的な管理手法で、HA(危害分析)とCCP(重要管理点監視)で構成され、今日では食品等の安全性を確保する方法として国際的に認知されています。厨房内の衛生管理は第一命題です。マッハは衛生的で安全性の高い厨房の電化を推進し、HACCP対策に寄与しています。

マッハは厨房の電化を通して食文化の発展に貢献しています

実績

マッハは創業以来、時代のニーズに合った様々な厨房機器を提供してまいりました。その多くは高い評価と信頼をいただいております。お客様の店舗や作業環境、処理能力に応じて、単品からシステム設計まで幅広くご提案し、また、万全のサポート体制でお応えいたします。電気フライヤーの専門メーカーとして、厨房の電化を通してマッハはこれからも食文化の発展に貢献いたします。